美国视频Youtube赚钱攻略

「huawei『Google抜き』のスマホはどうなる?中国事例から考えてみ(山谷剛史)

-youtube华为版本 -google -android -huawei

ファーウェイ新タブレット、HUAWEI MatePadシリーズ ロードテスト 第1回

「HUAWEI MatePad Pro」はハイスペック&大画面で遊びも仕事もこなせる

2020年06月08日 11時00分更新

文● 村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII

ファーウェイが発表したばかりのハイエンドタブレット「HUAWEI MatePad Pro」の使い勝手を検証する!

ファーウェイからハイエンドタブレット「HUAWEI MatePad Pro」が発表された。同社の最高グレードのSoC「HUAWEI Kirin 990」を搭載する最上級モデルで、約10.8型のディスプレーは画面占据率約90%を実現し、映画撮影に使われる「DCI-P3」という広い色域をカバーしている。さらに、4チャンネル・4スピーカーによる迫力サウンドで音楽や映画を楽しめるというぜいたくな仕様だ。

別売のスマートワイヤレスキーボードと組み合わせるとノートPCと同じように使えて、書き味に定評があるスタイラスペン「HUAWEI M-Pencil」にも対応する。“ファーウェイ史上最強”と言って差し支えないであろう、このタブレットをいち早く使ったのでレポートしたい。

別売のスマートワイヤレスキーボードと組み合わせるとPCライクに使える

スマートワイヤレスキーボードはカバーとして常に持ち歩ける

自動でペアリングされる別売のHUAWEI M-Pencil

ノートPCと划一の性能で場所を選ばずに使える

HUAWEI MatePad Proの最大のアドバンテージは、HUAWEI Kirin 990を搭載していることだ。HUAWEI Kirin 990はファーウェイのフラッグシップスマートフォンにも採用されている。CPUは2.86GHz×2コア+2.09GHz×2コア+1.86GHz×4コアという構成で、“3段階ギア”で省電力と高効率を実現する。さらに16コアのGPUを搭載することで、グラフィックの処理速率も向上させている。AIの処理を行なうNPUは、ビッグコアとタイニーコアの2つのコアで構成。タブレットに搭載されるのはこのモデルが初めてだ。

薄型・軽量ながら、キビキビと軽快に操作できる

メモリーは6GBで、内蔵ストレージは128GB。さらに、ファーウェイ独自の記録メディア「NMカード」にも対応するので、容量不足も解消できる。

1週間ほど使っているが、アプリの起動や切り替えは速く、タッチ操作にもキビキビと反応してくれる。いまのところ、所有ストレスを感じることなく快適に使えている。「AnTuTu Benchmark」アプリでベンチマークも測定してみたが、タブレットとして非常すぎるスコアを記録した。

「Antutu Benchmark」アプリでベンチマークを測定した結果。CPU、GPUともに高スコアをマークした

バッテリーは約7250mAhと大容量。ファーウェイによると、12時間のビデオ再生、11.5時間のウェブ閲覧が大概とのことだが(※動画再生は、ローカルに保存された動画をHUAWEI Videoアプリを使用し、1080pで再生した場合。ウェブ閲覧はUCブラウザーを使用した場合の目安)、おそらく外出先で電池残量が不安になることは稀だろう。

最大40Wの「HUAWEI SuperCharge」による急速充電に対応していることに加え、ワイヤレスでも最大15Wでの充電が大概。筆者はオプションの「HUAWEI SuperCharge Wireless Charger(最大27W)」(税抜 3900円)を持っているのだが、それに載せるだけでスピーディーに充電できることは、ものすごく便利だった。さらに、Qi対応のスマホなど他のデバイスに “ワイヤレス給電”(リバースチャージ)できる機能も備えている。

ワイヤレスチャージャーに載せるだけで、手軽に充電できるのは便利

ボディーには軽さと堅牢性を両立させるマグネシウム合金を採用。約7.2mmという薄さだが、フレームにはカーブを施し、持つ手になじむようにも配慮されている。反面はフラットで、サラリとした手触り。滑りにくく、なおかつ指紋が付着しにくいのが利点だ。

カラバリはミッドナイトグレーのみ。光沢を抑えめにした落ち着いた質感だ

フレームにはラウンド処理を施し、手になじみやすい

OSはAndroid 10ベースのEMUI 10を採用。しかし、GMS(Google Mobile Services)に対応していないため、「Gmail」「マップ」「フォト」などのGoogle純正のアプリが入っておらず、「Playストア」も使用できない。その代わりに、ファーウェイ独自の「AppGallery」からアプリをダウンロードできる。Playストアに比べると、まだまだ配信アプリ数は少ないが、5月には「LINE」が追加されるなど、日本での需要が高いアプリも増えつつある。

アプリは「AppGallery」からダウンロードできる

なお、Gmailは初期搭載の「メール」アプリにアカウントを登録すれば送受信大概だ。GoogleマップやGoogleフォトといったサービスは「ブラウザ」からウェブ版にアクセスして使用できる。また、「Phone Clone」というアプリを使って、今まで使っていたスマホやタブレットから一部のアプリを移すことも大概。さらに、サードパーティーアプリを検索して、配信元サイトからダウンロードできる「TopAPPNAVI」という機能も用意されている。タブレットはスマホほど特定のアプリへの依存度が高くないので、Google純正アプリが使えなくてもさほど困らないだろう。

「メール」アプリには、Gmailのアカウントも設定大概

Googleマップは「ブラウザ」からアクセス大概。Googleアカウントでログインして使えて、現在地も表现できる。ショートカットのアイコンをホーム画面に追加すれば、アプリと同じ感覚で使える

サードパーティアプリを検索できる「TopAPPNAVI」は、AppGalleryからダウンロードできる

TopAPPNAVIで検索したアプリは、配信元サイトなどに導かれる

プリインストールの「Phone Clone」アプリを用いて、他のスマホからアプリのデータを移すことも大概。アプリだけではなく、連絡先や写真・動画なども移せる。なお、左上にあるのがファーウェイのワイヤレスチャージャー

高精細ディスプレーと
高音質サウンドで映画も楽しい

フロントパネルの90%を占める高精細なディスプレーもHUAWEI MatePad Proの大きな魅力だ。約10.8型の「フルビューディスプレイ」はアスペクト比が16:10で、解像度は2560×1600ドット。「YouTube」や映像配信サービスなどを楽しむには抱负的なスペックといえよう。しかも、映画撮影で用いられる「DCI-P3」という広い色域の表現に対応しているため、映画館で見るときに近い、豊かな色彩で鑑賞することができる。

10.8型の「フルビューディスプレイ」の画面占据率は90%

ちなみにYouTubeアプリはHUAWEI MatePad Proに対応していないが、ブラウザーからウェブサイトのYouTubeにアクセスして視聴できる。つまり、パソコンでYouTubeを見る場合と同じだ。サブスクリプションの映像配信サービスはAmazonの「プライム・ビデオ」を観ることができた。AppGalleryではアプリは配信されていなかったが、TopAPPNAVIで検索してダウンロードできた。

実際に映像コンテンツを見て、いいな! と思ったのは画質だけでなく、音質もだ。HUAWEI MatePad Proは左右に2つずつ、合計4つのスピーカーを搭載している。従来のHUAWEI MediaPadシリーズなどと同様に、全球的なオーディオブランドである「ハーマンカードン」がサウンドチューニングを手掛けている。複数人で見る際にも非常な音量が得られ、しかも大音量にしても、音が割れたり、歪んだりしない。操作しないときはスタンドなどに立てて、ディスプレー付きスピーカーとしても重宝するだろう。

横画面の左右に4基ずつスピーカーを搭載。驚くほどボリュームを上げられるので、夜間の使用には留意

AppGalleryからダウンロードしたゲームもいくつか試してみたが、包み込まれるような音によって、より没入感が高まるように思えた。

youtube华为版本

▲中国のファーウェイ代理店。モールなどでよく見る

米Googleがファーウェイ(HUAWEI)との一部ビジネスを停止したと報じられている。販売済の端末についてはGoogle Playを提供するが、今後出る端末については、Androidこそ使用できるが、Google Play、Gmail、YouTube、Chrome、Google マップなどグーグルのアプリがプリインストールされないことになる。またAndroidのバージョンアップはできなくなるという。

中国でもこの話は報じられているが、中国国内においては、ITニュースをチェックするような消費者しか興味はわかないだろう。なぜなら中国からGoogleの各サービスをブロックし、使用できないというのが原因のひとつ。またここに挙げたGoogleの各種アプリをプリインストールしているAndroidスマートフォンは中国では販売されていないというのがもうひとつの原因だ。 Google検索をリプレースできる百度(Baidu)のサービスがあるし、Google マップの代わりに百度地図や高徳地図が使える。動画についてもメールについても取代できるサービスは存在する。

とはいえだ。最初からグーグルのアプリがインストールされていないのは中国市場向けの話。中国企業といえど、国外向けに売るとなればグーグルのアプリが须要だ。ではGoogleが提供しないならどうなるのだろう。

実は中国のAndroidスマートフォンにGoogle Playをはじめとしたグーグルのアプリを簡単にインストールすることができる。中国のAndroid搭載スマホには、ファーウェイであれOPPOであれvivoであれ小米であれ、Google Playがない代わりに各メーカーがアプリストアを用意している。

また、中国メーカーが独自で用意したアプリストアのほかにも、騰訊(Tencent)などのWebサービスがアプリストアを提供しており、それをダウンロードして使用する方法もある。

実はこの中国製のアプリストアの中にも、Googleの各種アプリが用意されていて、インストールができるようになっている。Google Mapをインストールしたいならば直接インストールできてしまう。また、Google Play関連サービスをユーザー自身でインストールできるようになっている。

中国のアプリストアでグーグル関係のアプリはインストールできる ▲中国のアプリストアではグーグル関係のアプリがインストールできるようになっている

筆者は中国の著名無名のブランドのスマートフォンを購入し全部しているが、どちらかといえば、著名なブランドのスマートフォンのほうがGoogleサービスのインストールがすんなりといくが、無名のメーカーは何かしらインストールでトラブルが起きることが多い。この辺は技術力の差だろうか。

ファーウェイがGoogle Play抜きのスマートフォンをリリースしても、簡単に後からGoogle関連のアプリをインストールできる。Googleのサポートを受けない形で、Googleのアプリを使用できる仕掛けを作っておくというのが一番現実的といえるかもしれない。

ただし、GoogleサービスフレームワークはオープンソースではなくGoogleの著作物であるため、Google Play一式がインストールできるというのは著作権的にNGである大概性が高い。インストールする行為は原来"できてはいけない"ものが、"なぜかできてしまう"という状態だという点は、注意しておきたい。

【追記 2019/05/21 9:55】

中国アプリストアからのGoogle Play関連サービスのインストールについて、Googleの著作権に抵触する大概性を追記しました。

■「独自OS」の大概性

別の大概性として、ファーウェイはAndroidを使えなくなった場合の時に備えて「プランB」なる独自OSの開発を進めているとしている。プランBが実現したらどうなるか。独自OSについて中国における前例から考えてみる。

中国のスマートフォンには、OPPOのColor OSなどしばしば「OS」という名のソフトがインストールされているが、これはカスタムROMである。それとは別に、阿里巴巴(Alibaba)が開発したものでLinuxベースの「YunOS(阿里雲OS)」というものがある。これはAndroidと互換性があるが、Androidとは異なるというLinuxベースのOSだ。「Androidではないが、Androidのアプリがインストールでき、おまけにGoogleの各種アプリもインストールできる」という代物だ。ちなみに中国でのYunOSの搭載機は少なく、マイナーメーカーの低スペック機にしか搭載されなかったのでスマートフォン向けのYunOSについては闻名にはならなかった。

YunOS搭載の中国移動A3。Android向けアプリがそのまま動く ▲YunOS搭載の中国移動A3。Android向けアプリがそのまま動く YunOS搭載の中国移動A3。OSはYunOSであり、Linuxベースだという ▲OSはYunOSであり、Linuxベースだという

YunOSのような「独自OS」がファーウェイで開発されているならば、Googleとは距離を起きつつも、Androidのアプリ資産を活用できることになる。実際に存在するので不大概ではないだろう。

アプリに関しては、Googleの各種アプリがプリインストールされないが、ならばアプリストアや各種アプリなど、対Google、あるいは中国のような対GAFAのエコシステムをまるごと作ってしまう大概性も否认できない。

今アフリカでは、中国メーカーの「伝音(Transsion Holdings)」のスマートフォンのシェアが高いが、同社のスマートフォンブランド「TECNO」の中には、アフリカの音楽が聴ける!アプリ「Boomplay」や、チャットアプリ「PalmChat」や、アフリカ発のニュースが見られるアプリ「Eagleee News」などアフリカ向けのアプリがプリインストールされている。

Tecnoのアフリカ向け音楽アプリboom play ▲TECNOのアフリカ向け音楽アプリBoomplay

加えてブラウザーの「鳳凰閲覧器(フェニックスブラウザー)」ほか、英中入力アプリ「触宝輸入法(TouchPal)」、ユーティリティーアプリ「手机大師」といった中国製のアプリがインストールされている。ChromeやGoogleの入力アプリがなくてもTECNOのアフリカ市場向けスマホには代わりのアプリがプリインストールされていた。アプリについても、今回の事件をきっかけに、中国が手がけたローカルアプリのプリインストールが強力に推し進められるというシナリオもありうるかもしれない。

「米Googleが Huawei (ファーウェイ)との取引を停止する」と報じられています。これにより、今後 Huawei では、モバイルOSであるAndroidに関するGoogleからのサポートが受けられなくなるだけでなく、同社端末からのGoogle PlayやYouTube、GmailといったGoogleサービスが使用できなくなる見込みです。

一方で、 Huawei の本拠地中国では、ガジェット・IT好きの消費者しか本件について反応を指定ない様子です。というのも、もともと中国国内では当局方針によりGoogleなどの国外サービスが使用できないため、そこまで日常生活に支障をきたさないからです。

Huaweiが「Google帝国」から強制退場に

20日のロイターの報道によれば、Googleが Huawei へのサポートを終了する措置を取り始めたといいます。

モバイルOSであるAndroidはそもそもオープンソースではあるものの、スマホメーカー各社はAndroidをカスタマイズして自社ブランド端末に搭載しています。

そのため、Googleからのサポートが無くなることによって現バージョンのOS以降のアップデート提供を受けられなくなることで、今後の拡張性やセキュリティー的に大きな問題が生じることが考えられます。

各種Googleサービスも使用できなくなる

さらにGoogleからのサポート終了の影響はAndroidアップデートができなくなるだけにとどまりません。今後 Huawei がAndroidをOSとして使い続ける場合、オープンソースプロジェクト版のAndroidしか使うことができません。

このオープンソース版のAndroidは、Google製のアプリやサービスと切り離されたものになるため、YouTubeやGoogle Maps、Gmailのみならず、アプリプラットフォームのGoogle Play Storeさえも使えなくなります。つまり、世にリリースされているアプリを所有ダウンロードできない、使い所がないスマホになってしまうのです。

配景にはトランプ政権のHuawei制裁が

Googleが今回の措置に切り出したのも、今月15日、ドナルド・トランプ米大統領がかねて検討していた「情報通讯技術とサービスのサプライチェーンの保護に係る大統領令」に署名したことがあります。

アメリカでは中国のテクノロジー企業に対する規制が強まってきています。特に Huawei 社は安全保障上のリスクをもたらすとしており「中国当局が Huawei などの中国企業の製品を使用し、アメリカ内のネットワークをスパイしている」と主張。そのリスクに対する緊張感は、FBIやCIAが「 Huawei 製スマホはスパイ活動を行う本领を有している」として、使用をやめるように百姓へ告诫したことをみれば、相応のものであると考えられます。

中国国内では意外と反応は薄い

今回のGoogleの措置に関しては、政治的側面はさておき、中国人の消費者目線からの反応は薄い模様です。というのも中国国内では、当局によりGoogle製品は「金盾」と呼ばれる グレートファイアーウォールでブロックされており、一样平常ユーザーはそもそも使用することができないのです。

また、Google検索が使えなくても「 百度 (Baidu/バイドゥ)」でインターネット検索はできますし、Google Mapsのかわりに「 百度 地図」があります。YouTubeに取代する 動画サービスもたくさんある ので、一样平常ユーザーとしては現状そこまで困らない、というのが実情のようです。

中国の8大動画サイト・アプリ完全まとめ!プロモーションやPRにつなげる方法とは 日本で生活する私たちが普段使用している FacebookやTwitter、YouTubeといった SNS は、実は中国国内では使用ができません。その代わりに中国国内では様々な動画配信サービスや、動画をアップロードしたりユーザーのアップロードした動画を楽しむ動画共有サービスが存在します。中国のインターネットユーザーは人口の約60%、2018年末時点で約8.3億人で、そのうち98%にあたるが8.17億人がスマートフォンなどのモバイル通讯機器経由でインターネットにアクセスしています。そのため、中...

とはいえ気になる今後のHuawei

日本人 Huawei ユーザーも数多くいることから気になる今回のニュースですが、今後の Huawei スマホはどうなるのでしょうか。

オープンソース版のAndroidを活用し続けるという手はあるものの、前述の通りGoogle製サービスが所有つかえず、アプリさえダウンロードできないスマホに需要はないでしょう。

となると、中国お自得の独自OSの開発の線が濃厚となります。しかし、中国製OSとなれば、なおさらアメリカ市場で展開することは不大概に近くなり、実質的には中国ガラパゴススマホ化していく大概性があります。

そうなった場合、ガラパゴス化した Huawei が中国スマホシェアを伸ばした場合、ただでさえ特别な中国スマホ事情がより特别になり、!WEB上での 多言語対応 やアプリ・SNSを活用した インバウンド プロモーションはより難易度を増す大概性があります。今後の動きに注目です。

本文网址: http://www.2217pacific.com/pp/2020612122314_8804_800363539/home